金の買取や売却に備えて知っておきたい基本

金に投資するとき、買取のタイミングはいつがいい?

金の買取や売却に備えて知っておきたい基本のメイン画像

金で儲けるなら投資家の動きと金市場の潮目の読みに強くなる事が大事です。安値で金の買取を繰り返しましょう。

金に投資するとき、買取のタイミングはいつがいい?

誤解を恐れずに言うと、数ある投資カテゴリーの中で、金市場は投資家の資金が逃げ込んでくるところ。

その潮の満ち引きに強くなることがすべてです。

◇“下げ止まり”に強くなることが儲けるコツ。

個人が蓄財を兼ねて数万円とか十数万円のレベルで金の買取・購入を実施するなら、金が相場で安値に動いた時です。

ではどんな条件下なら金が安値にシフトするのでしょうか。

またその安値は、いつの時点で下げ止まるのでしょうか?そのタイミングをはかれないと、まだ安くなるのに途中で買取注文を出してしまうことになります。

◇金が高くなるとき安くなるときのタイミング。

少しでも安く買って高く売るのが投資の基本。

世の中の流れからタイミングを読み切るのがセオリーの第一です。

金相場は他の株式や為替と違って、“単一投資商品”と言えます。

株式には多くの銘柄がありお互いに連鎖する危険性があります。

為替もユーロは加盟国の動きで、ドルは大統領の一挙手一投足で乱高下し他の通貨に損害を与えます。

しかし金は、それらのトレンドをすべて引き取って逃げ込んでくる避難場所になっています。

◇投資家が株式や為替に旨味がなくなったと判断したら、資金は金に流入します。

その潮目を読み切ることが大事です。

ドルが安値をつけそうだ、株が急落しそうだ。

こんなときは投資家の資金が一時的に金に流入し、嵐が去ったら金を売却して他の市場に戻っていきます。

その潮目の読み取りが、金の買取・売却のタイミングです。

金の投資に強くなろうと思ったら、政治・経済、貿易のトレンドを追うことです。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

CONTENTS

<Copyright 金の買取や売却に備えて知っておきたい基本>